ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業47年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

ブログ

86/BRZレース第2戦in富士SW。「心おれず」武司さん初入賞!

皆さん!こんにちは。

まもなく最大10連休となるゴールデンウイークが近づいてまりました!

日差しもだんだんと春から初夏へと暑ささえ覚える今日この頃です。

そんな、絶好の行楽日和が続く中、

先週末には、ウエラ名古屋がスポンサーをさせていただく、

山﨑武司さんの86/BRZレース第2戦が富士スピードウェイで開催されました。

 

 

今回は2ヒートレース制にルール変更がありました。

ヒートレースとは、

1回のレースで勝敗を決めるのではなく、2、3回のレースのトータルで決める方式のレースにおいて、それぞれのレースを第1ヒート、第2ヒート、第3ヒートという言い方をする。前のヒートの順位で次のヒートのスタート順が決まる。予選という意味に使われることもある。 weblio辞書より

 

これまでは、一日に1レースでしたので、

朝一番でレースがあったりなんかすると、

そのレースが終わるとあとの時間がフリーになって、

「おぉ。もう終わったか」みたいな感があったのですが、

2ヒートレースだと、2回決勝が楽しめて、

「一粒で二度おいしい」みたいなお得感がありますね。

また、予選がイマイチ結果が伴わなくても、

決勝でのさらなる巻き返しを狙える点でも、

ドキドキ感がこれまで2倍になる感じでした!

この日の武司さんはまさにそんな感じで、

結果としては、予選21位からの

決勝第1ヒート14位ゴール。

第2ヒート14位スタートからの10位入賞と、

なんと、11位も順位を上げることに!

 

ヒート制のルールの一つとして、

決勝で使えるタイヤは、1ヒート、2ヒート同じタイヤでなければならないというもの。

なので、タイヤの手入れや細かい空気圧の調整など、

テクニカルスタッフの陰での働きが大きく影響を与えます。

藤川助監督にお聞きすると、

特に2ヒート目は、前半にピークを持っていくのか、

後半から追い上げれるようにするのか、

気温や路面温度を確認しながら、

ドライバーと作戦を立てていくそうです。

 

しかし、好レースの別の要因は、

「メンタル」

 

レース中に何度も大声で雄たけびを上げていたとか。

なぜかってお聞きすると、

「これまでにもレース中には、心が折れることが何度もあった。

早いマシーンに付いていくにしても、追われるにしても、

心が折れた時には必ず離されてしまう。

だから、今回は『うりゃぁ~ぁ』って何度も自分を鼓舞しながら走った」

と。

 

やっぱりメンタルは大切なんですね。

21位からスタートで10位まで順位をあげ、

自身初の入賞を獲得。

技術力の向上もさることながら、

「折れない心」。

勉強になります。

 

「折れない心」と言えば、

前回のレースで武司さんに「喝っ」を入れられた、

若者ドライバー。

今回、真っ先に滋賀トヨタブースにやってきて、

再度、謝罪を入れてきたそうです。

その清々しい様子に武司さんも成長を感じたそうで、

「もともとレースが上手く、これからもっと上を目指していく選手。

更なる高みを目指すならあれぐらいでへこたれているようでは、

そう見込みはないなと思っていたが、

今回の様子を見て安心した」

と目を細めていました。

どんな場面でも「折れない心」って大事ですね!

 

 

 

ところで今回の写真、

「あれ?いつもより綺麗だな」って思われた方いませんでしたか?

実は、これらの写真は、

ウエラ名古屋でこれまでに4台のお車をコーティング施工させていただいた、

日置さんによる作品なんです。

日置さんには、以前にインタビューでもご協力いただきました。

お客様特別インタビュー BMW5シリーズ

 

 

日置さんの最近はまっているご趣味が写真だそうで、

ご来店の際に、

今度「山﨑さんのレースの写真が撮りたい」とオファーをいただきました。

 

そこで、現地に朝7時集合。

日置さんには、心行くまで撮影を楽しんでいただきました。

レース直前のグリッドウォークや、

ピットでの作業風景、

また、山﨑武司本人の普段の様子など、

普段はなかなか経験できないことを体験できたとあって、

大変ご満足いただけました!

 

ということで、

日置さんによるその他の写真もご紹介しますね。

 

どのお写真も生き生きとした動きを感じます!

日置さん曰く「写真は光と影の使い方」だそうです。

うーん

奥が深そうですね。

 

 

さて、この日すべてのレースが終わると、

山﨑さんのマシーンを積載車につんで、いざ名古屋へ。

次レースに備えて、コーティングと飛び石防止フィルムの施工をさせていただきます。

 

と、その助手席には、

帰りの足が無かった武司さん。

狭くて、乗り心地の悪いトラックに友人と3人で3時間半。

ご自宅までの濃密な時間を過ごさせていただきました!

 

 

さて、次のレースは武司さんの第2の故郷仙台。

5月18日(土)~19日(日)スポーツランドSUGO。

 

自分も行ってレース観戦したいとご希望の方がおられましたら、

気軽に声をおかけください。

パドックパス、グリッドウォークなど可能なチケット手配いたします。

仙台で美味しい牛タンでも食べましょう!

 

以上、富士スピードウェイでのレース第2戦の報告でした!

 

————————-

特別ムービー:「往年の名車 スカイライン ケンメリ 半世紀の時を経て再び輝き出す」

https://www.youtube.com/watch?v=nDdicA6Qzmg

————————-

山﨑武司さんの愛車「フェラーリF355」に、Diamond9H 10層施工しました!

http://procarcoat.com/info/ferrari-f355/

————————-

ウエラ名古屋は、山﨑武司さんを応援しています!

http://procarcoat.com/yamasaki.html

一覧へ戻る