ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業47年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

ブログ

今年もチーム「OTG TN滋賀86」をコーティング技術でサポートします!

皆さんこんにちは!

 

ウエラ名古屋も本日から連休明けの業務スタートとなっております。

お問い合わせも多数いただいておりまして、

順番に回答させていただいております。

ご返信に少しお時間をいただくこともあると思いますが、

本日中にはご連絡致しますので、

今しばらくお待ちいただければ幸いです。

 

さて、

ウエラ名古屋は今年も、

山﨑武司さんが所属する、

滋賀トヨタ・ネッツ滋賀86チーム、

「OTG TN滋賀86」をコーティング・フィルム技術でサポートさせて頂きます。

 

チームには、今年から菅波東吾選手が参戦。

前回の富士スピードウェイでの第2戦では4位スタートからの2位でフィニッシュ!

見事なレース展開に、チーム関係者全員が大興奮でした。

 

今回はその菅波選手のマシーンもお預かりして、

コーティング施工をさせていただきました。

 

まずは、

山﨑さんのマシーンから。

高圧洗浄で汚れをしっかり落としてからの、

コーティング剤塗布。

スカイブルーが「きらっ」と輝きます。

 

菅波選手のマシーンも同様に、

タイヤハウスもしっかりと洗浄。

全体の汚れをケミカルで落としていきます。

その後、ダイヤモンド9hを入念に塗布。

完成すると、

この様に独特な艶を発します。

ダイヤモンド9hは、

以前にもお知らせしましたが、

は空気抵抗を5%も削減できるコーティング剤です。

メーカーHPより

自然界には特性が商業的に利用可能となる構造、材料など商品開発のヒントが数多く見られます。
1990年、航空機メーカーのエアバス社は空気力学を改善するためにサメの表皮にインスパイアされた表面構造をテストし数々の困難の中
多くの可能性を見出したものの最終的に実現には至りませんでした。
2016年CHOOSE NanoTechは、世界に先駆けてモータースポーツ用特殊コーティングを開発。
ナノセラミックコーティング技術で開発された特殊コーティング剤のナノ分子密度とナノ構造は、表面エネルギーを下げることによって空気抵抗を減少させることを実現。
ドラッグ・リダクションコーティングシステムとしてレーシングマシンの性能に貢献しモータースポーツにおける空力性能を向上させることを可能としました。
試験データは国立研究施設であるNCKU ASTRC風洞実験室において実測試験を行っています。

半導体技術から生まれたドラッグ・リダクションコーティングシステムは、最大でおよそ5%の空気抵抗軽減効果を実現しています。
世界初のモータースポーツドラッグ・リダクション・コーティングシステムは、世界に先駆けて2016年日本のモータースポーツ最高峰であるSUPER GTにおいてSTIチームのスバルBRZ GT300を最先端のコーティング技術でサポート。
またニュルブルクリンク24時間レースにおいてもSTIチームをサポートしチームの2連覇に貢献しています。
CHOOSE NanoTechのドラッグ・リダクションコーティングシステムはモータースポーツ革命の始まりに過ぎません。​

 

今後のレースでは、このナノ技術が山﨑・菅波両選手を後押ししてくれることでしょう!

前回、自身初の入賞を獲得した山﨑選手には、ランクアップを、

そして、菅波選手には表彰台の真ん中を狙っていただきましょう!

 

今回、ウエラ名古屋ではカーフィルム技術でも、

両選手のマシーンをサポートさせていただきました。

その詳細については、

別のブログでご紹介します。

 

今後も熱い熱いレースを楽しみにしていきたいですね!

 

以上ウエラ名古屋でした。

————————-

ウエラ名古屋は、山﨑武司さんを応援しています!

http://procarcoat.com/yamasaki.html

————————-

特別ムービー:「往年の名車 スカイライン ケンメリ 半世紀の時を経て再び輝き出す」

https://www.youtube.com/watch?v=nDdicA6Qzmg

————————-

コーティングに関するお問合せ・お見積りはこちらから。

0120-181-195

http://procarcoat.com/form01.html

一覧へ戻る