コーティング専門店に求められる3つのミッションがあります。
mission1.コンディションに合わせた磨き
mission2.良質のコーティング剤
mission3.メンテナンスとアフターフォロー体制
コンディションに合わせた磨き

ガラスコーティングの出来を左右するのはコーティング剤ではありません。
それは「磨き」です。
どんなに良質なコーティング剤だとしても、磨きが不十分、もしくは不適切なら輝きを発することはありません。
ウエラ名古屋の職人たちは「磨き」を研究し、より美しく、よりガラスコーティングを引き立てる「鏡面処理」を施します。
「磨き」はコーティング施工の中で最も時間のかかる工程です。場合によっては3日以上かかることもあります。したがってウエラ名古屋では一ヶ月に手がける台数に制限を設けています。

ウエラ名古屋は創業45年という実績に甘えることなく「カーディテイリング業界」のパイオニアに恥じない技術向上を目指していきます。
詳しくは「磨きとは」のページをご覧下さい。


※カーディテイリングとは、車の内装、外装を美しい状態に保つ、もしくは戻す「ルームクリーニング」「ボディコーティング」「カーフィルム施工」「消臭」などを施すこととして、一般に認知されています。
鏡面処理

さまざまな角度から塗装面を磨き上げる。蛍光灯がはっきり写り込むほどの鏡面処理。

お見積りフォームはこちら
最良のコーティング剤を探し出す

2007年 当社のサイトではエシュロンシリーズを当社採用のコーティング剤として認定していました。その当時エシュロンシリーズは当社の認める最上級のコーティング剤でした。多くのお客様に満足していただけるコーティング剤でした。
その後2008年にデュポン社が開発した「ハイパーコート・プロ」を2010年に採用しました。採用に時間がかかったのはテストに1年半の時間がかかったからです。検証の結果、輝き・撥水・洗車のしやすさにおいて性能が高く、私たちもお客様に自信をもってご紹介できる良質のコーティング剤と確信しました。その評価はいまでも変わりません。
しかし「最良のコーティング剤を探しだす」というミッションを続け、新製品が登場すれば試し、展示会に参加してはコーティング剤の製造元との意見交換を続けてきました。
その中で持ち上がったのが、ウエラ名古屋の職人を満足させるコーティング剤を作ってみたらどうだ?というものでした。
私たちの経験からすると、コーティングを施工するメリットは、輝き撥水、そして汚れが落としやすいということです。その3点の性能を追求したコーティング剤を作ろうということになりました。

現在ECHELONシリーズを販売しているエフイートレードさんの協力を得て、出来上がったのが「WELLA・High-Q powered by ECHELON」という新型のコーティング剤です。
ガラスコーティングの多くは「ポリシラザン」か「シロキサン」を用いているものがほとんどでした。しかし、ここに手を加えて「ポリシラザン」と「シロキサン」を融合し「フッ素」を加えて強力な撥水力をもたせたのが「WELLA・High-Q powered by ECHELON」です。

ではなぜ「ポリシラザン」と「シロキサン」を融合する必要があったのかをご説明します。 通常「ポリシラザン」を用いた被膜の特徴は「高硬度」です。そして「ポリシラザン」には他の素材を協力に結びつけるという特徴があります。また「シロキサン化合物」はナチュラルな艶を生み出す作用があります。そして「フッ素」には汚れをつきにくくし、撥水させる力があります。
それぞれの良いところをバランスよく組み合わせて作られたのが「WELLA・High-Q powered by ECHELON」です。ECHELONで培われた技術が注ぎ込まれた、ウエラ名古屋オリジナルの専用コーティング剤です。

しかし、これでコーティング剤探しのミッションが終わったわけではありません。私たちは絶えずコーティング剤の研究を重ねてきました。また、引き続き様々な材料を取り寄せては実際に施工してみて、撥水や防汚性能、メンテナンスなどコーティングに必要な側面を検証していました。

そんな中で2015年の春に新たに出会ったのが「KUBEBOND Diamond9H」です。これまでのコーティング剤との一番の違いは、コーティング剤の重ね塗りが可能で、あらゆる素材との結合ができる次世代のハイパフォーマンスコーティングという点です。コーティング被膜単体では、鉛筆硬度9Hを実現しています。
誤解のないように付け加えておきますが、「KUBEBOND Diamond9H」は、モースコードでの9H(サファイヤガラス) を実現しているわけではありません。実際にモースコード9Hの材質を自動車の塗装の上に塗ることができたとしても、カーコーティングに求められる要素を満たすことはできませんし、モースコード9Hでは、クラック(ひび割れ) や剥がれが生じてしまいます。

「KUBEBOND Diamond9H」に用いられているのは、RBT(レボリューションボンディングテクノロジー)と言う国際特許申請中の技術です。 RBTとは、分子レベルで対象物とナノセラミックコーティング皮膜を結合させる特殊技術です。この技術により、強固な皮膜を剥離やひび割れを起こすことなく長期間美しく保護する事ができるようになりました。ガラスコーティング単体被膜の限界と言われている鉛筆硬度9Hの柔軟かつ硬質セラミックが形成できるからこそ、キズや薬品や大気汚染物質などからボディを強固に保護できるのです。

唯一私たちが、不満と思えるところがあるとすれば、それは「Diamond9H」というネーミングでしょう。ダイヤモンド硬度を連想させるからです。ユーザー様の中に、「自分の愛車のボディにダイヤモンドが塗られている」と誤解させてしまうかもしれません。あくまでも「Diamond9H」という商品名は、ガラスコーティングとしての最高硬度を実現したことを表現するためのものとお考えください。しかし私たちとしては、その不満を補って余りあるパフォーマンスをこの「KUBEBOND Diamond9H」に見いだしました。

実に、最初の実験から約1年8か月の時をかけて、2016年12月「KUBEBOND Diamond9H」はウエラ名古屋の職人認定として、弊社の2大公認コーティング剤の一つとなりました。
「WELLA・High-Q powered by ECHELON」についてはこれまで通り、高級車向けハイグレードコーティングとして、「KUBEBOND Diamond9H」は、愛車への強いこだわりを持たれるお客様へのワンランク上のプレミアムコーティングとしてご紹介させていただきます。

お客様のニーズやこだわりをお聞きしながら、最適なコーティング剤をご提案いたします。コーティングについてのご相談は、弊社のコーティングカウンセラーにお尋ねください。

お見積りフォームはこちら
メンテナンスとアフターフォロー体制

よく尋ねられる質問として「コーティングは何年もつの?」というものがあります。確かに気になるポイントです。
質問はシンプルですが、答えるのは非常に難しいです。 しかしあえて簡単に答えるなら「保管状況とメンテナンス次第」ということになります。

ガラスコーティングを施工しても染み(イオンデポジットなど)は付着します。また汚れてきます。しかし、定期的な洗車とメンテナンスで美しい状態を維持することはできます。 しかも洗車は格段に楽になります。これはただラクなのではなく、楽しくなるという意味です。汚れが驚くほど簡単に落ちます。通常サイズのセダンであれば、さほど時間をかけずに洗車を終了できると思います。なぜならコンパウンドをかけたり、ワックスがけは必要ないからです。
そして私たちは6ヶ月に一度のメンテナンスをお勧めしています。メンテナンスではボディのチェックからはじめ、コーティングの状態に応じて適切な処置を行ないます。しかもコーティングを施工して最初の6ヶ月後メンテナンスは無料でおこなっております。

私たちはすべてのお車の状態は異なっていると考えています。それでお客様の車を分析に、何が今起きているのかを把握して必要な処置を行えるように努力を重ねています。
毎年何百台ものお車にコーティングを行なっていますが、そのお車をメンテナンスし続けるのも大切な私たちの役割だと思っています。

すでに3,000台以上のお車にコーティングを施工し、そのお車をメンテナンスしています。この実績はどのディーラーにも施工店にもないものだと自負しています。この実績が積み重なって技術が向上し、より良いメンテナンス・サービスを提供できるようになりました。しかも今でも成長し続けています。

メンテナンス終了したお車のギャラリー


8,000円~12,000円(税抜)のメンテナンスでコーティングが長持ちします。


1年有料メンテナンス終了 名東区在住 M・Mさま ハリアーメンテナンス後1


1年有料メンテナンス終了 みよし市在住 S・Hさま BMW M3
メンテナンス後2


6ヶ月無料メンテナンス終了 中村区在住 T・Nさま NSX
メンテナンス後3


1年有料メンテナンス終了 岡崎市在住 T・Nさま ゴルフⅤ
メンテナンス後4

お見積りフォームはこちら

専門店に与えられたミッションをご理解いただけましたか。

mission1.コンディションに合わせた磨き
mission2.良質のコーティング剤
mission3.メンテナンスとアフターフォロー体制

この重要なミッションが完了したとき、
お客様に完成した「ウエラコーティング」がご提供できるのです。

つまり、ウエラコーティングとは単にコーティング剤を塗布することではなく、
「磨き」 から施工後の「アフターフォロー」 まですべてが、
「ウエラコーティング」 なのです。


確かに通常ディーラーでコーティングするよりは若干値は張りますが、十分その価値はあります。施工して損をしたと思われれば私たちの信用にかかわりますので、代金はいただきません。

詳しくは45日間完全返金保証プログラムをご覧ください。 お客様に驚きと感動を与えられるようこれからもウエラ名古屋は進化しつづけます。
真剣な職人

お見積りフォームはこちら
→TOPへ戻る
HOMEへ戻る