ガラスコーティング名古屋.com
→コーティング無料見積りはこちらへ お客様の声 よくある質問 店舗所在地 初めての方へ-お客様へのご挨拶 ガラスコーティング名古屋.com
職人たち
■熟練した技と心

それは互いに技を磨きあい、仕事に対するプライドを砥ぎあってきたからこそ生まれるものと考えます。
日々追求してきたからこそ自信を持ってお勧めできるコーティング剤があります。私たちの意見をお聞き下さい。

■ボディの最大の保護膜とは?

それは車の塗装です。塗装は車のボディ(鉄板)をさびなどの侵食やダメージから守る最大の保護膜です。 しかしその保護膜(塗装)も一度深いダメージや重度の劣化が起こってしまうと簡単に再生できません。

もし再生させようとすれば一度すべて剥離しもう一度塗装しなおさなければなりません。
その場合かかる費用となると何十万円、場合によっては百万円以上かかることもあります。
ですからボディの最大の保護膜である塗装を致命的なダメージや劣化から守らなければなりません。
車の塗料と言うのは石油系有機物でできています。この有機物はさまざまな要因で劣化していきます。たとえば空気や紫外線にさらされると少しずつ劣化します。また、酸性雨や風、塵や鳥のフン、空気中に含まれるいろいろな化学物質さらに走行摩擦、飛び石などさまざまな過酷な条件に常にさらされています。 言い換えるとボディ最大の保護膜である塗装面は常にダメージを受けていると言うわけです。
確かに塗装は強力な膜ですのですぐに劣化するというわけではありません。しかし、新車時と1年後、もしくは2年後のボディを比較すると、塗装面が確実に劣化しているのにお気づきになるでしょう。
ですから、お車を守るためには、強力な被膜を作り出す『コーティング』がお勧めです。

剥がれてしまったクリア塗装
ボディのお手入れを怠っていると、塗装が徐々に傷んでいき、最後には「すかすか」になってしまいます。この車のようになるまで放置しておくと再生は不可能で、対策は全塗装しかありません。 日ごろの適切なお手入れがあなたのお車を守ります。

■コーティングをするメリットとはなんでしょうか?

皆さんはきっと、美しい外観を保つためもしくは洗車の面倒を避けるためコーティングを試してみたいとお考えになると思います。確かにそれらも見逃せないポイントです。しっかりとしたコーティングを施工することによってボディの上に透明な被膜を作り凹凸のない表面を作ることができます。そして、滑らかな表面に光が差し込むと乱反射することなくまっすぐに跳ね返り非常につややかな輝きを見せます。また、強力な被膜を保つことができますので、定期的にワックスをかける必要はなく普段のお手入れは水洗い洗車で十分です。

艶のある保護膜
しっかりと下地処理されたボディに施されたガラスコーティングは、深い艶と強固な被膜を作り出します。

しかし、コーティングするべき、もっと強力な理由があります。「ボディの最大の保護膜である塗装を致命的なダメージや劣化から守る」ためです。もしかすると今まで、ワックスやコート剤と言われるものを施工されてきたかもしれません。では、それぞれのメリット・デメリットをご説明したいと思います。

■ワックスとは?

ワックスとは天然ロウや合成ロウを主成分とした油分による艶出し剤です。
理論上はロウなどの油成分で塗装を覆うことにより水分を弾き、汚れが直接塗装面につくのを防ぎます。また、塗装の代わりにロウなどでできた被膜を酸化させることにより塗装の酸化を防ごうというものです。比較的簡単に施工することができます。さらに天然ワックスの作り出す艶は非常に深いので、コーティングでは表現できない独特のヌメヌメしたような艶です。
ですから、正しい手順で行なう洗車を行なえ、かつまめなお手入れをいとわないユーザー様にはある意味最高の選択肢といえるでしょう。
しかしワックスの被膜は塗装の上にただのっているだけですし、一度雨が降っただけで少しずつ油分が溶け出し流れ出ていきます。

落とすのが大変な水垢
水垢ができてしまうのは、ワックスの宿命です。

そして流れ出た油分はすぐに酸化し水垢の原因になります。そうなると塗装の保護どころか塗装の劣化を促進させる原因にもなりかねません。ですからワックスは相当こまめなお手入れ、つまりは頻繁な塗り替えが求められます。

■コート剤とは?
色々な種類があります
カルバナロウを含有しているものをワックスと呼んでいましたが、最近ではポリマー配合をうたうものもあり、ワックスも多様化しています。コーティング剤も日々進歩しており、機能も向上しています。しかし、広告に問題があるものも多々あるようです…。

コート剤はフッ素、ポリマーなどの高分子化合物による樹脂です。
一般に持続期間が3ヶ月以上のものをコート剤、もしくはコーティングと呼んでいるようです。 ワックスよりも硬い被膜ですからボディの保護効果に優れています。しかしこの定義もあいまいで世の中にコーティングと呼ばれるものはごまんとあります。それで、どのようなコーティングを選ぶかは非常に大切です。
それぞれのコーティングにはメリット、デメリットがあります。ですからそれぞれのコーティングの特徴を理解したうえで選択をする必要があります。では、代表的なコーティングの3種類(ポリマー系・テフロン系・ガラスコーティング)について私たちの感想を述べたいと思います。

■ポリマー系のメリット・デメリット

メリット
塗装面に科学的に結びつくためワックスよりも耐久性が高い。紫外線を遮断する成分が含まれており、塗装面を紫外線より保護する。作業性が非常によくリーズナブルな値段設定。

デメリット
使用状況にもよりますが、6ヶ月程度の耐久性しかありません。また、結局は被膜自体が有機物の塊なので酸化していきます。結果として水垢汚れの原因になってしまいます。

■テフロン系のメリット・デメリット

メリット
テフロンを配合しておりテフロンの薄い被膜がボディを覆うため、ポリマー系と比較すると耐久性保護効果は高い。(新車時に施工すると5年保証を約束しているものもある。)
防汚性能は非常に高い

デメリット
輝きや、つや性能は高くない。
ポリマー系と同様、被膜に有機物が含まれているため被膜自体が酸化劣化していく。保証期間が設けられているにしても、一年ごとの点検を受ける必要があり、結局のところ毎年メンテナンスを行うことになる。また、その保証基準もあいまいに思えます。

■ガラスコーティングのメリット・デメリット

ガラスコートとガラス系と呼ばれるものとは、まったくの別物です。
ガラス系とは、有機系のコート剤にケイ素などのガラス成分を配合したもので、ガラス成分は入っているものの、被膜自体が酸化劣化することには変わりありません。
ここではガラス系ではなくガラスコートについて解説します。

メリット
ガラスコートの被膜は完全に無機質で、紫外線などによる酸化や劣化に非常に強い性質を持ち、非常に硬い被膜のため耐久性や保護効果、対すり性に関して現時点で最高レベルの性能を持つように思います。ガラスコートは塗装本来が持つ上品な艶を強調し鋭くストレートな輝きを放ちます。

デメリット
油脂分、艶出し剤などはまったく含まれていないため、ワックスやその他有機系コート剤のような艶は出ません。しかし、コーティングの本来の目的である塗装面の保護効果という観点からいくと、ガラスコートが現時点で一番優れていると思います。

■ガラスコーティングのガラスって何?

ガラスコーティングと聞くと自動車のフロントガラスや家の窓ガラスが思い浮かぶかもしれませんが、ガラスコーティングのガラスは一般のガラスとは違うものです。
フロントガラスや窓ガラスなどの身近にあるガラスは、ケイ石、石灰、マグネシア、ソーダ灰、アルミナなどを約1600度の熱で溶解し作られたものです。

しかし、ガラスコーティングのガラスはいわゆるガラスの主成分であるケイ石を科学的に還元、合成し特殊基を組み合わせることによって作り出されます。今ガラスコーティングとして世の中に出回っているものの主成分はポリシザラン、シラン、シロキサンの三種類です。
ですからガラスコーティングというのは自動車のフロントガラスや窓ガラスのようなガラスではなくガラスの主成分であるケイ石を原料としたガラスの性質に非常に近い(完全無機質で透明、非常に硬い、ガラスと非常によく似た分子骨格を持つ)被膜であるということができます。

■現在のガラスコーティングの弱点?

ガラスコーティングは、お客様の愛車の塗装面を守る性能が高いことに疑問の余地はありません。とはいえ、日常のご使用にあたって注意しておかないならトラブルを生じさせることも分かってきました。
それは、イオンデポジットが非常につきやすい場合があるということです。

ここで、『場合がある』というあいまいな表現を用いていることをまずご説明します。
皆さんはきっと、イオンデポジットができてしまうその原因と過程についてご存知のことと思います。お車のボディに水滴が残り、そのまま乾燥すると水分に含まれていた不純物が残留し塗装面に染みとなり残ってしまいます。それがイオンデポジットです。

数多くのお車にガラスコーティングを施工し、その後ボディをチェックさせていただきますと、イオンデポジットができてしまったお客様と、そうでもないお客様があることに気が付いています。お車の保管場所などが影響を与えるとは思いますが、お話を伺ってみると、同じ車種で同じカラーのお車で、同じような保管、使用状況でもイオンデポジットのでき方に開きがあるようです。

いずれに致しましても、ガラスコーティングにはイオンデポジットが出来やすいのは事実のようです。原因としては、ガラス膜を形成している物質と、イオンデポジットを作り出している物質の特質が似ているからではないかと思います。似たもの同士は結びつきやすく、結果としてイオンデポジットもできやすくなってしまうのかもしれません。

イオンデポジット
特に濃色車(黒や紺など)は、美しいボディを保ちたいとガラスコーティングを施工されるお客様が多くおられます。しかし、濃色車はイオンデポジットが目立ちやすいという特性があります。濃色車はお手入れにも気を使いますが、コーティング後のケアのも配慮が必要です。
■『ウエラコーティング』について

ガラスコーティングの技術の進歩は非常に速く、半年前の常識が通用しないことすらあります。当社では研究を行ない、最善と思えるコーティング剤を採用してお客様に提供しております。ガラスコーティング特有の鋭いストレートな輝きを表現するだけではなく、防汚性能にも非常に優れたものです。耐イオンデポジット性能も高く、トラブルになりにくい性質があります。

とはいえ、以前のコーティング剤にも同様にいえることですが、職人の磨きの技術に仕上がりのほとんどが依存しており、プロにしか扱えない気難しいところもあります。

ご存知のことと思いますが、どのようなコーティング剤を用いたとしても洗車の必要がなくなるということはまずありえません。それで、お客様のほうで水洗い洗車をしていただくことになりますが、基本的にシャンプーもワックスもいりませんし、簡単に汚れが落ちるので驚かれると思います。洗車がおっくうだという方ももしかすると洗車が好きになるかもしれません。
現在『ウエラコーティング』で使用しているコーティング剤についてはこちら

■今後のコーティング剤へのこだわり

『ウエラコーティング』の滑水性能は比較的高いものです。しかし、もっと滑水性能が高く、さらに防汚性能が高いものがあればと研究を続けています。もしお車に水滴がついてしまった場合でも、少しお車を走らせるだけで、水滴が全て流れ落ちてしまうコーティングがあれば、メンテナンスにかける時間を減らすことができます。何もしなくても、水滴が汚れを巻き込みながら自然に流れ落ちてしまうようなコーティングがあればよいのですが、まだまだ難しいようです。

せっかくの大切なボディーを保護するコーティングですから、妥協せず本当にいいものにこだわって、本物のコーティングの良さを味わっていただければ幸いです。定期的に水洗い洗車をするだけで、今までに味わったことの無い感動を感じていただけると確信しています。

→TOPへ戻る
HOMEへ戻る