ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com~愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業48年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

150μの強靭プロテクションフィルム
PPF(ペイントプロテクションフィルム)とは?
PPFとは?
PPFとは、“Paint Protection Film”の頭文字を取った略称です。
ペイントプロテクションフィルム(PPF)は、「飛び石」「生活傷」「鳥フン」などの様々な外的な要素からボディを守ることを主な目的とした保護フィルムです。
※施工箇所によっては、自己修復層を含有しないフィルムを使用します。
PPF(ペイントプロテクションフィルム)が愛車の各部を守ります。
ペイントプロテクションフィルムが愛車の各部を守ります。
◆生活キズ対策
生活キズとは日常的に使用する上で避けられないキズのことを指します。
具体的にはドアカップ、ドアノブと言った必ず触れるところです。指輪やブレスレットなどのアクセサリーがドアカップやドアノブに当たって傷が付くのを防ぎします。
◆飛び石対策
走行中、特に高速道路を走行中に自分のタイヤが巻き上げる小石や、前を走るクルマからの飛び石によって付いてしまう傷からボディを守ります。
フロントバンパーやボンネット、フロントガラスなどの部分は、特に走行中のキズが付きやすいため、施工をお勧めするパーツです。
◆ヘッドライト保護
ヘッドライトは、その素材ゆえに紫外線による変質が起きやすく、黄ばみや曇り、白濁などを発生させてしまいます。
また、走行中の飛び石や砂塵などによるスクラッチが影響して、劣化を早めてしまう場合があります。これらの要因からヘッドライトの透明感を守ります。
◆その他の発生しやすいキズ
重いゴルフバックやスポーツバックをトランクに入れる時、リアバンパーに一度置いたり触れたりしてしまうことはよくあるものです。
また、ベビーカーの積み下ろしをする時にもボディに当たってしまうことがあります。そのような場面でもプロテクションフィルムが活躍します。
PPF(ペイントプロテクションフィルム)性能実験
PPF 性能実験
PPF(ペイントプロテクションフィルム)メンテナンスと質問
メンテナンス
PPF(ペイントプロテクションフィルム)商品動画
PPF 商品動画
PPF(ペイントプロテクションフィルム)施工事例
施工事例
ランボルギーニ ウラカンEVO ボディ全体へのプロテクションフィルム施工
ウラカンEVO ボディ全体
BMW M2 ボディ全体へのプロテクションフィルム(ステルス)施工
BMW M2 ボディ全体[ステルス]
ベンツEクラス フロントガラスへのプロテクションフィルム施工
Eクラス フロントガラス
アテンザ ヘッドライトのプロテクションフィルム施工
アテンザ ヘッドライト
ボルボXC40 ヘッドライトのプロテクションフィルム施工
XC40 ヘッドライト
ミニクーパー ヘッドライトのプロテクションフィルム施工
MINIクーパー ヘッドライト
クラウン ドアカップへのプロテクションフィルム施工
クラウン ドアカップ
レヴォーグ ボンネットへのプロテクションフィルム施工
レヴォーグ ボンネット
レヴォーグ ドアパネル下部へのプロテクションフィルム施工
レヴォーグ ドアパネル下部
ノート リアバンパー(トランク部)へのプロテクションフィルム施工
ノート リアバンパー(トランク部)
PPF(ペイントプロテクションフィルム)参考価格
参考価格
例)トヨタ クラウンの場合
ヘッドライトへのプロテクションフィルム施工価格
フロントボンネットへのプロテクションフィルム施工価格
フロントガラスへのプロテクションフィルム施工価格
ドアノブ・ドアカップへのプロテクションフィルム施工価格
ドアエッジへのプロテクションフィルム施工価格
ドアステップへのプロテクションフィルム施工価格
リアゲート・リアバンパーへのプロテクションフィルム施工価格
※上記の施工価格は、参考価格です。車種ごとに施工金額は異なります。
   また、同じ車種でも型式ごとの形状の違いにより、追加金額をいただく場合があります。
   詳しくはスタッフまでお問合せください。
PPF(ペイントプロテクションフィルム)施工事例
よくある質問
日頃のメンテナンスはどうしたらいいですか?
基本的には手洗い洗車をお勧めします。ただし、高圧洗浄機、高圧噴射の使用は控えてください。自動洗車機もご使用いただけますが、剥がれの原因になってしまう可能性があります。
   
施工部分と未施工部分との差は目立ちますか?
プロテクションフィルムの主な施工目的は、傷からボディを守ることであり、400μ程度の厚みがあります。そのため、プロテクションフィルム自体は透明でも段差が生じます。3メートルほど離れればほとんど分からないレベルですが、至近距離ではその段差が目立つ場合があります。

また、プロテクションフィルムは経年に伴って少なからず変色していきます。ボディの退色はプロテクションフィルムを貼ることでその退色スピードを若干遅らせることはできますが、結果的としてそのプロテクションフィルムを剥がした際に、施工部分と未施工部分とでボディの色が変わることがあります。
   
部分施工も可能ですか?
もちろん可能です。出来る限りご要望にお応えいたします。
   
どれぐらいの期間持ちますか?
「保護効果の耐用年数」としては、5年程度がその目安になります。メーカーによる耐用年数は7年程度と発表されていますが、実際の車両としては未確認です。

「視覚的耐用年数」としては、施工部分と未施工部分との変色・退色等による視覚的な差が大きくならず、フィルムを剥がした際に生じている色の差をケア作業により解消できる目安は、2年~3年です。

ただし、そのどちらにおいても保管環境や使用状況などによっても変化しますので、あくまで目安とお考えください。
   
剥がす時に塗装は大丈夫なのですか?
基本的には大丈夫です。ただし、施工前の時点で塗装が痛んでいる、板金塗装等で再塗装している場合は、剥がれる可能性があります。事前にお知らせください。
ペイントプロテクションフィルムお見積り・お問合せはこちらから ペイントプロテクションフィルムお見積り・お問合せはこちらから