ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com~愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業45年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

過酷な環境にさらされている車のボディ
皆さんは大切な愛車が毎日どれほど厳しい環境の下にさらされているのか、改めて考えられたことはありますか?具体的にどんな外的要因にボディが直面しているのか、いくつか取り上げてみましょう。

◆ 気温
車のボディは、1 年を通じておおよそマイナス10℃~プラス50℃の中を変動する外気温の影響を受けています。ボディは基本的に金属の板ですから、私たちの目には分かりませんがボディはいつも膨張と収縮を繰り返していることになります。

◆ 風
車は走行時、自ら猛烈な逆風を作り出していると言えます。そしてその風の中には砂や埃や小石なども含まれていて、それらが次から次に猛スピードでボディにぶつかってきますから、結果線キズや小キズなどが無数にボディに付くことになります。

◆ 紫外線
紫外線(UV)は人体の皮膚に悪影響を与えるものですが、実は車の塗装にも悪影響をもたらします。特に紫外線には、“塗装の架橋結合を破壊させる”という作用があります。

この作用によって、
①クリアー塗装の表面が徐々に破壊され、
②塗膜の表面が粉末状になる粉化現象(チョーキング)が起こり、
③破壊が塗装深部まで進行して、塗装の劣化や色褪せなどとなります。

そうなると、もう再塗装しか復元する方法はありません。

◆ 雨
雨の成分は基本的に、水だけでなくカルシウムやマグネシウムといったミネラル分を含んでいます。また降雨時には、大気中の微粒子も取り込んで地面に降り注ぎます。そういったミネラルや微粒子は、蒸発時に白色の堆積物となってボディに残留します。これらは“イオンデポジット(初期の雨染み)”と呼ばれ、早い段階であれば水洗いで除去することができます。しかし放置しておくと、“ウォータースポット”と呼ばれるボディに頑固にこびり付く雨染みへと変化していきます。日差しの強い夏の時期は特に注意しないといけません。そうなった場合、ボディを研磨して除去するしかありません。

◆ 酸性雨
雨の中でも特にボディにとって厄介なのが、酸性雨です。その名の通り雨の中に含まれる“酸性成分”が塗装の架橋結合を切断し、塗膜を融解させてしまいます。そうなるとその部分が凹んでシミとなり、ボディを研磨しなければならなくなります。

◆ 黄砂
黄砂は文字通り「砂」の一種ですが、これも大気中の様々な粒子を吸着しながら飛散してボディに付着します。そして付着した黄砂は、塗装本来の撥水力やコーティングの撥水力を一時的に低下させるので、結果としてイオンデポジットの発生原因にもなります。

◆ 花粉
花粉は、顕微鏡レベルでみるとカプセル状の構造になっていて、そのカプセルの中には「ペクチン」と呼ばれる“有機酸” が含まれています。そしてこのカプセルは、水分を含むと膨張してカプセルが破れペクチンが外に放出されます。すぐに洗い流せば問題ありませんが、放置しておくとその有機酸が塗装を侵食し、塗装の割れや凹みにつながります。

◆ 鳥フン
人間が食物を消化する時に胃酸が活躍するのと同じように、鳥たちもそのような“酸性成分” によって食物を消化しています。そのため糞には“有機酸”が含まれており、それらが塗膜に浸透することでボディに悪影響を与えます。塗膜が膨張して架橋結合が切断され、塗膜の剥がれや割れが生じ、そうなると研磨どころか再塗装しなければならなくなります。

以上、車のボディがどれほど過酷な環境下に置かれているか、いくつかの外的要因をピックアップして考えました。コーティングをしているか否かに関わりなく、大切な愛車にとって定期的なメンテナンスを行うことは、必須の事柄なのです。
通常の基本メンテナンス
さて、コーティング施工することの大きなメリットはやはり「メンテナンスがしやすいこと」、つまり汚れが付きにくく落としやすくなって、洗車が楽しくラクになるということでしょう。

でももちろんコーティングをしたからといって、すべての汚れが簡単に除去できるようになるわけではありません。前述で取り上げたように、コーティングしていても付いてしまう汚れはあります。加えて、鉄粉やピッチタール(アスファルトの欠片や油分)、雨染みなど水洗いだけでは簡単に除去することができないものもあります。

それでウエラ名古屋では、基本となる「通常メンテナンス」の中で、それらの汚れを落としつつ、コーティング皮膜のケアを行っています。具体的にどんな作業を行うのかというと、以下のような手順で行います。

「通常メンテナンス 作業内容」
1. 状態確認
まずは、メンテナンス時のお車の状態を確認します。どんな汚れがどの程度ついているのかを把握し、お車の状態に合わせた最適なメンテナンス方法を考えます。もし通常のメンテナンスでは除去できない汚れがボディに付いている場合は、別途研磨などを含めた方法をお客様にご提案します。
2. 洗車
ボディ表面についている汚れをシャンプーと高圧洗浄によって除去します。ブレーキダストが付着したホイールもケミカルと高圧洗浄によって可能な限り除去します。
3. イオンデポジット(初期の雨染み)除去
車では除去できないイオンデポジットをケミカルを用いて除去します。この工程によって、ザラザラとしていた表面がツルッとした表面に変化し、一時的に低下していた撥水力が甦ります。ただし、頑固にこびり付いた雨染みは通常メンテナンスでは除去できない場合もあります。その場合は別途研磨での作業となります。
4. 鉄粉除去
特に白をはじめ淡色車の場合、ボディに突き刺さった鉄粉は小さな黒い点として視認でき、外観の美しさを損ねます。また突き刺さった鉄が酸化して錆びると、塗装にも悪影響を与えます。それで同じく洗車では除去できない鉄粉も特殊アイテムを用いて除去します。
5. 洗車
除去工程に用いたケミカルが塗装面に残留してしまうのは良くありませんので、洗車によって入念に洗い流します。
6. 補修コーティング剤塗布
撥水力を今一度甦らせるとともにコーティング皮膜の保護も兼ねて、補修コーティング剤を車全体に塗布します。
7. 洗車
余分なコーティング剤がボディに残留していると、そこから汚れが付着したりシミになったりすることがありますので、もう一度ボディ全体を洗車します。
8. 拭き上げ
ボディに水分が残っていると、それが蒸発した時にイオンデポジット発生の原因を作ることになりますので、しっかりと拭き上げます。
9. 状態確認
ボディの汚れが除去できていること、撥水力が甦っていることを確認して、お客様にお返しとなります。その際に、メンテナンス時に専任スタッフが感じた点や今後のご提案・アドバイスをお客様にお伝えします。

この通常メンテナンスは、1 年ごとに行っていただく定期メンテナンス時だけでなく、お客様がご希望とされる時にいつでも行うことのできるメニューです。

「水洗いだけでは取れない汚れが付いてきた」
「汚れが付着して撥水力が少し落ちてきた」
「自分では気づかない細かな部分まできれいにしたい」

そんな時はいつでもご連絡・ご相談下さい。コーティング専任スタッフがいつでもお待ちしています。
トラブル発生時のメンテナンスとフォロー
さて、たとえどれだけ注意を払って愛車に手をかけていたとしても、トラブルというのは起きてしまうものです。

例えば、「車を動かすことなく週末を過ごして月曜日の朝、出勤のために車に向かうと鳥糞がボディにベッタリと…。」なんてことはよくあるのではありませんか。

その他にも、「ショッピングを終えて駐車場に戻ったら、スリ傷を付けられていて泣き寝入り…。」「家の駐車スペースで間違ってドアを自転車にぶつけて、エクボ傷ができてしまった…。」といったこともよくあることです。

そんなトラブルが発生した時は本当にがっかりするものですが、でも決して安易にご自身で解決しようとはなさらないでください。そして、専門的な知識を備えた当店の専任スタッフにお任せください。

なぜこれをお勧めするのかというと、例えば鳥糞の場合「いつ・どこに・どの程度ついたのか?」、「塗装の現在の状態はどうか?新車なのか経年車なのか?」など、お車それぞれの状況によって行うべき処置というものは変化するからです。

傷に関しても、研磨によって取れるものもあれば再塗装しなければならないものあります。また、お客様のご要望に応じてたとえ傷が残るとしても見えにくくすることも可能です。

ですからどのようなトラブルに見舞われたとしても、どうしようかと悩まれる前にまずはウエラ名古屋にご相談ください。当店の専任スタッフがお車の状況を的確に把握した上で、出来ることと出来ないことをはっきりとお伝えし、必要な対策をご提案させていただきます。
事故発生時のフォロー体制は?
トラブルの中でも一番厄介なのは、事故です。
まずはお身体が無事であることが何よりも大切ですが、事故後の処理や車の修理など多くの面倒もあります。

そういった万が一の事故の場合もウエラ名古屋にお任せください。事故後の修理に伴う鈑金塗装から再コーティングに至るまで、一括して当店が責任を持ってサポートいたします。

また、「ディーラーの担当者様との長いお付き合いがあるので、修理はディーラーにお願いすると思う」という方もいらっしゃると思います。どうぞご安心ください。

当店は創業45 年の中で、多くの国産車ディーラー様、輸入車ディーラー様とのお付き合いがございます。そういった事故の際のディーラー様との綿密な打ち合わせや、その後の実際の受け渡しなどに関してもスムーズなサポートをお約束いたします。
面倒な保険会社との交渉もお任せください
車を傷つけてしまったり事故が起こしてしまった場合にもう一つ手間を取るのが、保険会社との交渉です。

何度も保険会社と連絡を取り合いながら、「破損はどんな感じか?」「保険内容はどんな感じか?」「どこで修理するのか?」「いつ修理していつ完了するのか?」「そもそも保険修理した方が良いのか、それとも実費で払った方が良いのか?」など本当にたくさんのことを決めないといけません。

考えただけでも億劫な気持ちになりますが、そういった保険会社との交渉もウエラ名古屋にお任せください。当店には自動車保険を扱う資格を持つ保険専任スタッフが常駐しています。お客様それぞれの状況に合わせて、①破損の状況を把握し、②お客様の保険内容を把握し、③お客様にとって一番メリットのある方法を検討・算出いたします。

ですから、もし自損や事故を起こしてしまわれた場合はまずは当店にご相談ください。そして当店の専任スタッフとの打ち合わせ後、保険会社に連絡される際には「ウエラ名古屋で修理します」と言っていただければ結構です。実際の修理作業を含め、保険会社との手続き・処理のすべてを当店がサポートいたします。
メンテを忘れない。アフターフォロー定期便とは?
忙しい毎日を送っていると、ついついメンテナンスの時期を忘れてしまうということはあるものです。

ウエラ名古屋では、コーティング施工していただいたすべてのお客様に、お客様のメンテナンス時期に合わせてハガキやお電話でそのお知らせをしています。

それで、ハガキやお電話が届きましたらぜひともお早めにご連絡下さい。お車の状態やお客様のご希望に合わせたメンテナンスをいつでも行うことができるよう、専任スタッフがいつでもお待ちしています。

ウエラ名古屋には「いつまでも」を実現するためのメンテナンス体制だけではく、万が一にも備えた充実のアフターフォロー体制が整っています。

私たちは、コーティング施工をさせて頂いたらそれで終わりではなく、皆様が「いつまでも」美しい愛車とともに毎日を過ごして頂けるよう、「いつでも」お客様に寄り添うパートナーとしてその一端を担えることを心から願っています。

どうぞ、愛車のボディを安心して任せられる「主治医」としてウエラ名古屋をご活用ください。