ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業45年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

「違いの分かる男」 ウエラ名古屋スタッフ 近岡真樹夫
コーティングカウンセラーとしてウエラ名古屋で活躍する近岡真樹夫は、前職でも他社のカーコーティングを販売していました。実際に体感した他社との違いや、ウエラ名古屋のカーコーティングについて感じていることなどについてインタビューしました。
(インタビュアー カスタマワイズ悠木まこと)
もくじ
【1】ホテルマンからガソリンスタンドのトップセールスに。
【2】効率の悪いウエラのコーティングを馬鹿にしていたが・・・
【3】お客様のニーズにも施工時間にも大きな違いが。
【4】以前は無理だと思っていたウォータースポットや傷もウエラなら綺麗にできる。
【5】コーティング施工後のメンテナンスが大切。
【6】ウエラ名古屋のコーティングで「本当の綺麗」を体感してもらいたい。
ホテルマンからガソリンスタンドのトップセールスに。
―ウエラ名古屋に入社して何年ですか?

転職でこの会社に入って4年目になります。

最初に就職したのは、京都のシティホテルです。フロントをはじめとするホテル業務全般をしていました。

その後、石川県のガソリンスタンドで営業をしていました。

―ガソリンスタンドではどんな仕事をしていましたか?

ガソリン以外のサービスをお客様に販売する営業職でした。洗車、車両販売、自動車保険、車検などです。その中の一つが全国にFC展開しているカーコーティングだったんです。(※以降FCコーティングと表記します)
FCコーティングは今では5,500店舗程ありますが、当時でも全国に約4,500店舗を展開していたところです。夏と冬の年2回、売上や施工台数を競うFCコーティングのコンテストがあって、私の勤めていたガソリンスタンドは2〜3年連続で全国1位の成績を収めていました。

私はその中でトップセールスの一人として働かせていただきました。
効率の悪いウエラのコーティングを馬鹿にしていたが・・・
―ウエラ名古屋に転職したきっかけを教えてください。

私事で名古屋に引っ越しをすることになったんです。その時、前職と同グループの名古屋のガソリンスタンドを勧められました。でも、前職とは違った仕事をしてみたいと思っていたのでお断りしました。そんな時、ウエラ名古屋に勤めている友人に声を掛けられました。

―ウエラ名古屋に就職しようと思った決め手はなんですか?

最初に話を聞いたとき、実はウエラ名古屋のコーティングを馬鹿にしていたんですよ。

前職は全国約4,500店舗の頂点に立つ店でした。ウエラ名古屋とFCコーティングの1カ月の施工台数を比較すると、全然規模が違っていたんです。だから、ウエラ名古屋は効率が悪くて全然ダメだと思いました。

でもじっくりと話を聞くと、高級車の取り扱いが多く、リピートするお客様も多いと分かりました。ここなら会社の成長に、自分の経験が何か生きるのではないか。そう思ったんです。

―入社して、ウエラ名古屋のコーティングの印象は変わりましたか?

FCコーティングとは全く違うということがよくわかりました。本物のコーティングはこういうものなのかと驚きました。

FCコーティングは利益が優先ですので、平たく言うとスピード重視でした。とにかく短い時間でコーティングを仕上げて、より多くのお客様に対応することを重視していました。その証拠にお客様の依頼が重なっても全ての仕事を受けます。質を落としても決して断りません。

一方、ウエラ名古屋は施工にしっかりと時間をかけて完成度とお客様の満足度を高めることを重視しています。場合によってはお客様の依頼をお断りすることもあります。中途半端な仕上がりでお客様の車を返すことは出来ないと考えているからです。

施工台数や効率性だけを見ていては、ウエラ名古屋のコーティングは測れないということが分かりました。 FCコーティングのお客様とウエラ名古屋のお客様では求めているものが全然違うんです。
お客様のニーズにも施工時間にも大きな違いが。
―「お客様が求めているもの」とは、具体的にどんなことですか?

まず、FCコーティングのお客様はあまり車に関心を持っていらっしゃいません。コーティングに対しての知識もほとんどなく、洗車の手間を省きたいな、という感じです。なので、そのようなお客様にとっては、FCコーティングの選択もありなんじゃないかと思います。

一方、ウエラ名古屋のお客様は車への関心が高く、車へのこだわりを持っていらっしゃいます。そして、いつまでもきれいな状態を保ちたいと考えています。そのため、コーティングについても、色々と試したり調べたりしている方が多いんです。
【近岡が感じたウエラとFCコーティングのお客様の違い】
  ウエラ名古屋 FCコーティング
車への関心 関心が高い。
車にこだわりがある。
関心が低い。
コーティングに求めているもの きれいな状態を長く維持したい。 洗車の手間を省きたい。
撥水に期待。
コーティングの知識 色々と試したり、調べたりしてより良いコーティングを探している。 ほとんど知らない。

―FCコーティングとウエラ名古屋ではどれくらい施工時間が違いますか?

FCコーティングは、通常のコーティングならば1時間30分程度で仕上げます。高級なコーティングでも半日預かりです。できるだけ多くの車を施工するために、人手が足りないときには施工スタッフ以外も駆り出されていました。

例えばアルバイトでも、施工方法を半日勉強すればお客様の車にコーティングをすることができます。だから、私もFCコーティングの施工はすべて行うことができますよ。
ウエラ名古屋の場合は、オーソドックスな車種の新車で、High-Qは1日預かりで約6時間、Diamond9Hだと3日預かりで約20時間かけて施工します。

そして、施工はすべて専門の職人が行っていますので、私にはできません。ウエラ名古屋ではクリーニングならクリーニング職人、コーティングはコーティング職人が施工をします。

例えば、10年の経験があるクリーニング職人でも、コーティングをすることはできません。それだけ一つひとつの施工に専門的な技術の高さが求められるんです。
【近岡が感じたウエラとFCコーティングの時間の違い】
  ウエラ名古屋 FCコーティング
施工時間
(オーソドックスな車種の新車の場合)
High-Q
1日預かり(約6時間)
通常コーティング
約1時間30分
Diamond9H
3日預かり(約20時間)
高級コーティング
半日預かり
施工スタッフ 施工内容ごとに専門の職人しか行えない。 半日勉強すれば誰でも施工することができる。
以前は無理だと思っていた汚れもウエラならきれいにできる。
―その他にFCコーティングとウエラの違いを感じたことはありますか?

技術力の違いですね。

前職で、高級コーティングを施工したことがありました。通常よりもはっ水力も高く、ツヤも出たのでお客様も喜ぶだろうと思っていたんです。しかし、納車のときお客様に「本当にこれでコーティングしたの?」と言われたんです。ウォータースポットが残っていたことや、傷が埋まっていなかったためです。その時の僕は「変なお客様が来たな」と思っていました。いくら高級なコーティングでも、ひどい汚れは取れないものだと思っていたからです。FCコーティングでは、そのお客様の言葉をクレームとして処理していました。

でも、ウエラに来て、あのお客様が言いたかったことが理解できました。お客様の言葉は正しくて、決してクレームではないということに気付いたんです。本当の磨きとコーティングをすれば、お客様の希望を実現できるということを、FCコーティングの知識しかなかった当時の僕には理解できなかったんです。

ウォータースポットの汚れがひどかった車の別のお客様には、全塗装をすすめたこともあります。当時はある程度汚れは取れても、完全には取れないと思っていました。だから、きれいにするためには、全塗装するしかないと判断しました。でも、ウエラだったら、全塗装をしなくてもきれいにすることができただろうと思います。

コーティングの2大要素は「良いコーティング剤」とボディーをきれいに仕上げる「磨きの技術」です。ウエラは下処理にしっかり時間をかけるので、車を本当にきれいにすることができるんです。
―お客様へのコーティングの説明には違いがありますか?

FCコーティングのお客様は、手軽なはっ水効果を期待する方がほとんどなので、価格・施工時間・はっ水期間くらいの説明でしたね。

ウエラの場合は、非常に説明が長くなります。コーティングの成分や雨や花粉・黄砂からボディーをどう守るのかといった基本的なことはもちろん、具体的なお悩みをどうすれば解決できるのかをじっくりとお話します。

お客様に納得してお車をお預けいただけるように、僕自身も勉強して知識を蓄積しています。

FCコーティングにはFCコーティングの良さがあって、ウエラにはウエラの良さがあります。大切なのは、そのお客様のニーズを汲み取って、お客様にご満足いただけるサービスを提供することだと思っています。
コーティング施工後のメンテナンスが大切。
―ウエラで初めてコーティングをするお客様にどんな説明をしていますか?

お客様の希望やお悩みをお伺いしてご説明させていただくことが前提ですが、特にしっかりと説明させていただくのはメンテナンスについてです。

ウエラのコーティング剤はとても品質が高いので、はっ水や防汚効果が高く、ボディーのツヤも出ます。でも、メンテナンスが不要なわけではありません。きれいな状態を維持するためのメンテナンスの大切さを説明しています。

―コーティングをしてもメンテナンスが必要なんですか?

保管状態などにもよりますが、コーティングの効果は4〜5年持続します。そのために、世の中には「メンテナンスフリー」に近い説明をしている場合もあります。しかし、実際にはコーティング被膜の上に汚れが蓄積していきます。

もちろん、防汚効果がありますので水洗いだけでも汚れは落としやすくなります。しかし、落としきれない汚れが少しずつ蓄積してはっ水効果も弱くなっていきます。ウエラのコーティング剤はしっかりしているので、1年に一度のメンテナンスで、お客様では落とせないコーティング被膜の上の汚れを落とすことで、ツヤやはっ水効果がよみがえります。

―メンテナンスがしやすくなるようなサービスはありますか?

ウエラでコーティングをしていただいたお客様には、メンテナンスサービスをお値打ちに提供しています。また、ケアグラスというサービスもお客様に喜んでいただいています。これは、お値打ちに再コーティングができるサービスです。
ウエラ名古屋のコーティングで「本当のきれい」を体感してもらいたい。
―今後の目標を教えてください。

Diamond9Hの良さをもっと多くのお客様に伝えていきたいですね。

Diamond9Hは重ね塗りができるコーティングなんです。ウエラでは5層に重ね塗りをしています。だから、防汚効果もすごく高いんですよ。

先ほど、コーティング被膜の上に汚れが蓄積する話をしましたが、High-Qの場合は、あまりにひどい汚れの場合は、汚れを落としきれないことがあるんです。

コーティング被膜に固着した汚れを落とそうとすると、コーティング被膜まで剥がれてしまうからです。ところが、Diamond9Hはコーティング剤自体も強力なうえに5層に重ねてあるので、High-Qよりも強く洗浄してもコーティング被膜が取れることはありません。メンテナンスをするたびに元のツヤがよみがえるのを感じて頂けると思います。

これまで色々なコーティングを試したけれど納得できなかった方には、ぜひ一度ウエラのコーティングを試して、「本当のきれい」を体感していただきたいですね。