ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業46年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

コラム

新車時にボディコーティングって必要?そのベストなタイミングとは?板金後はどう?

新車のオーナーになった人にしか体験できない感覚。それが納車時のワクワク感やドキドキ感ではないでしょうか。

ピッカピカの車を見て、いつまでもこの美しさが続けばいいのにと思いながら、ふと「そういえば、いつのタイミングでコーティングするのがベストなんだろう」と考えたことはありませんか。

新車の時にすべきか、それとも数年してから汚れを落としてコーティングするのが良いのか、悩むことがあります。

また、板金塗装など修理をした後にもコーティングの再施工が必要なことがあります。その際、塗装後ある程度時間を空けてからコーティングした方が良いのか、それともすぐでも良いのか、判断に迷います。

また、季節別の要素で考えた場合はどんなタイミングでコーティングするのが良いのでしょうか。

そこで、コーティングのタイミングについて、様々な角度からコーティングの専門家がお答えします。

新車の時に施工するのが良いか、しばらくしてからが良いか?

結論から言うと、新車時に施工するのがベストです。

なぜならば、新車時には、下地処理や磨きに掛かる費用を安くすることができるからです。

一方、時間が経過すると塗装面には汚れや鉄粉、雨染み、洗車傷が増えていき、コーティング施工するためのボディ磨きに多くの時間と費用が必要になります。

コーティングには塗装を保護する役割があります。ボディの劣化を防ぐためにも新車時がベストタイミングでしょう。

また、新車の輝きを持続させるためにも、新車時のコーティングをおすすめします。コーティングすることにより、汚れが付きにくくなり、洗車やメンテナンスも楽になります。結果として愛車への愛着も深まることでしょう。

逆にコーティングされていないと水アカなどの汚れがシャンプー洗車でも落ちなくなる可能性もあります。面倒なWAX掛けからも解放されるのもコーティングのメリットでしょう。

購入後4~5年ぐらいのタイミングもベスト。

新車購入後、最初の車検は3年目になります。新車時にコーティングしていれば、その頃もまだまだしっかりとコーティングの効果を体感できているでしょう。

しかし、4~5年ぐらいの時期には、コーティングにも汚れが付き始め、だんだんと被膜が弱くなってくるのを感じ始めます。2回目の車検も通して7年間は乗ろうと考えているのであれば、この2回目の車検の前後で、再コーティングされると良いでしょう。

専門業者の場合、こうした再コーティングの場合のメニューを持っていて、比較的リーズナブルな価格でコーティングできることもあります。この観点から考えると新車時のコーティングをどこでするかが、大切になりますね。

季節や気候面から見たベストとは?

自分で市販のコーティング剤を購入して施工する方もいます。そのような場合は「気温や湿度」に注意する必要です。

一般的に市販のコーティング剤は、気候条件が悪いと仕上がりにムラが出たり、コーティングが定着しないことがあります。目安として気温5度以上35度以下。湿度70%未満の時を選んでください。また、完全硬化に一ヶ月程かかる場合もあります。比較的天候が安定している春や秋が良いかもしれません。

一方、専門業者の場合は、どんな気候条件であっても、一定の品質を保てるよう作業環境を整えています。また、プロ用の高品質なコーティング剤を使用したり、強制乾燥機など、設備も充実させています。

梅雨時期など条件の悪い時期に施工を依頼する場合は、作業環境の整った業者を探すと良いでしょう。

鈑金塗装後は塗装後一か月がベスト。

鈑金塗装後すぐにコーティングをすることをお勧めするディーラーや業者が多いかもしれません。しかし実際のところ、本当にベストなタイミングは塗装の一ケ月後と言えます。

なぜそういえるのでしょうか?

車の塗装は、基本的にベース塗料の上にクリア塗料を塗るというのが通常の工程です。この際ベースの塗料には硬化剤が含まれておらず、硬化剤はベースの上に塗るクリア塗料の中に含まれています。

そして、クリア塗料に含まれる硬化剤は下のベース塗料に時間を掛けて浸透していき、ベース塗料が固まり安定するまでに一ヶ月掛かると言われています。

ですから、コーティングはその後に施工するのがベストです。特に性能の高い良いコーティングになればなるほどコーティング剤がクリアの揮発を防いでしまい、ベース塗料が硬化するのを妨げてしまう可能性があります。

上記の理由から鈑金修理後のコーティング施工は1か月後に施工しましょう。

まとめ

コーティングは、新車の輝きを持続させるためにも、新車時に行うのがおススメです。

もし自分で市販のコーティング剤を塗布する場合には、気温や湿度には注意が必要です。失敗しなくたいなら、どんな気候条件であっても一定の品質を保てるよう作業環境を整えている、コーティング専門店にお願いするのが良いでしょう。

鈑金塗装後は、塗料が硬化・安定するまでに一ヶ月程度かかるため、コーティング施工は板金修理後の1か月経ってから施工するようにしましょう。

一覧へ戻る