ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業45年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

お客様への特別インタビュー BMW5シリーズ 日置様
(写真中央:日置 元司様、左:ウエラ名古屋 森下 生真、右:コーティングスタッフ)
現在乗っている『BMW5シリーズ』で9台目の愛車となる日置さん。自動車メーカーに勤めて約30年、塗装関連の部署に在席し、塗装現場から品質維持まで担当してきました。

自動車の愛好者としてだけでなく、プロとしても厳しい目を持つ日置さんに詳しくお話を伺いました。
もくじ
【1】BMWは運転して楽しい車。
【2】カーディーラーでのコーディングに感じた歯がゆさ。
【3】さすがは専門店だという対応に満足。
【4】ツヤ感と汚れ落ちがガラスコーティングの魅力。
【5】これからも向上心を持ち続けてほしい。
BMWは運転して楽しい車。
―いつ頃から車に興味を持ちましたか?

自動車の仕事をしているうちに興味を持つようになりました。

車に乗り始めたばかりの頃は移動の手段という感覚でしたが、車が好きになっていくうちに輸入車に憧れるようになりました。

それで最初に乗った輸入車がボルボ850です。10年程乗りました。その後、BMWに乗るようになって、これ(BMW5シリーズ)で4台目です。

―車選びのこだわりは何ですか?

ボルボは、デザイン性・荷物がたくさん載せられる・安全性が高いという点から選びました。今は運転して楽しい車だという事が一番ですね。

BMWはハンドルを握った時、自分がイメージした通りに操れる感覚が気に入っているんです。1シリーズから5シリーズまで乗り継いでいますが、一貫性があるのもいいところですね。
01
カーディーラーでのコーティングに感じた歯がゆさ。
―これまで乗ってきた車もコーティングしていましたか?

ボルボの時にはコーティングをしていませんでした。車はきれいに乗りたいという思いはありましたが、洗車が好きなので、マメに洗車してワックスをかければ、コーティングをする必要はないと思っていたんです。

でも、引っ越しをして洗車を頻繁にできない環境になったんです。それで、BMWを購入した時からコーティングをするようにしました。最初は、カーディーラーでコーティングしてもらっていました。

―カーディーラーでコーティングをしなくなったのは何故ですか?

業者さんと直接やり取りをしたいと思ったからです。

ボディにできる水のスポット(クレーターのような水の痕)が気になったので、どうにかならないかディーラーに頼んだことがあるんです。その時、ディーラーは全面磨きをしたんですが、逆にスポットが目立ってしまいました。

それで、業者さんとの間にディーラーが入ることで、私がどうしたいのかというのがきちんと伝わっていないんじゃないかと歯がゆさを感じたんです。

―ウエラ名古屋を選んだ理由は何ですか?

ガラスコーティングができる業者を雑誌で探しました。実績もありましたし、家からも近かったので、とりあえず電話をして一度訪ねてみたんです。もしも納得できなかったら断ればいいや、くらいの気持ちだったんですよ。

その時、森下さん(ウエラ名古屋代表取締役)が対応してくれたんですけど、丁寧に説明してくれましたし、その内容にも納得できたのでお願いすることにしたんです。

チェーン展開の業者さんのような、マニュアル的な感じじゃなくて、独自的というか、個人に合わせて話をして提案をしてくれる所がいいな、と感じました。
さすがは専門店だという対応に満足。
―ウエラ名古屋のコーティングはいかがでしたか?

仕上がりにも対応にも満足しました。だから、新車に乗り換える度にウエラさんにお願いしています。

カーディーラーでは解消できなかった水のスポットの問題について相談したことがあるんですよ。スポットをゼロすることは難しいんですけど、どうしたら目立たなくできるかなど親身になって相談にのってくれたのが印象に残っています。

その後、スポットを消す溶剤が開発されたら、それをすぐに教えてくれました。それを補うようなトリートメントなどのメンテナンス用の商品として取り扱っているので、コーティングしたらおしまいではなくて、その後もアフターフォローしてもらえるので安心です。

コーティングにも弱点はあるんですが、「できません」「仕方がない」で片づけるんじゃなくて、親身になってくれて、さらに弱点を克服するためのものを開発していて、さすがは専門店だなと感じます。

私からちょっと無理を言ったりすることもあるんですけど、気になったことをぶつけると、きちんと応えてくれるんです。人と人との付き合いから生まれる信頼感って大切だと思うんです。

もちろん、技術に自信がなければ堂々と対応できないんだと思いますけど。

【ウエラ名古屋:森下】
環境の変化や車種などによって状態は違ってくるので、お客様から頂く疑問や不安、困ったことなどの声は、私たちが情報を収集するためにもとても大切なんです。そういった声を活かして、技術や商品を改善することにつなげていきたいと思っています。


―今回の車(BMW 5シリーズ)は施工にどれくらいの期間がかかりましたか? 今回は、コーティング以外にも、ホイールのカラーやメッキモールのクリア加工などもお願いしたので、1週間くらいかかりました。

私は、スピードよりも丁寧さの方が重要だと思っているので、時間はあまり気にしないんです。それに、待つことも楽しみですから。

―今回の仕上がりはどう感じましたか?

コーティングの溶剤も新しくなりましたし、それ以外にお願いしたところも含めてこれまで施工した中でも一番満足していますよ。さすがだなって。

今回は、メッキモールのクリア加工もお願いしたんです。輸入車はメッキモール部分のクリアが日本の気候と合わないせいか、どうしても濁りが出てきてしまうんですよ。
それがこれまでも気になっていたので、今回、その部分にクリアを噴いてもらったんです。

8ヶ月くらい経ちましたが、濁りは見えないしいい感じですよね。
ちょっと実験的な試みなんですけど、そういったコーティング以外でもきちんと相談にのってくれるので親近感が湧きますね。
ツヤ感と汚れ落ちがガラスコーティングの魅力。
―ガラスコーティングの良い点はどんなところですか?

新車以上の艶感がでることかな。普通、艶感はいくらマメに洗車してワックスをしてもあせてきてしまうんですよ。

でも、ガラスコーティングは塗装の上に被膜をつくって保護するので、長期間ツヤ感が維持できるんですよね。
それと、汚れても落とす手間が少なくて済みますね。

―普段のお手入れはどのようにしていますか?

水をかけて汚れを浮かせて、やわらかなスポンジで汚れを落とします。今は水洗いして、拭き取るだけですけど、1年以上経ったら、スポットなども出てくるので、そういったものを落とすことも必要になりますが。

大体月に2回、2時間くらいかけていますね。ホースで水をかけられないので、ジョウロで水をかけながら、細かいところまでチェックをしているので、どうしてもそれくらいの時間がかかるんですよ。

汚れは簡単に落とせますから、普通に洗車するだけなら、もっと短い時間で終わらせることができると思いますよ。
これからも向上心を持ち続けてほしい。
―今後、ウエラ名古屋に期待することは何ですか?

ガラスコーティングの弱点であるスポットをいかに少なくしていくかというところも含めて、コーティングをより質の良いものに高めていってほしいですね。

より良いものにしようという向上心が見える所は、私がウエラさんを選んだ理由のひとつでもあるので、そういった思いをこれからも持ち続けてほしいと思っています。

―日置様、お忙しい中本当にありがとうございました。
取材日時 2013年2月