ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業47年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

ブログ

86/BRZレース第6戦in十勝SW。「レースは、知能戦。」

皆さんこんにちは!

ウエラ名古屋代表の森下です。

 

先週末ですが、8月17,18日の2日間、北海道の十勝スピードウェイへ、

北海道旅行も含めて、家族で山﨑武司さんの86レースの応援に行ってきました!

 

今回のキーワードは「チキン」

その心は・・・

 

どうぞ最後までお付き合いください。

 

 

さて、私たちがレース会場に着いたのは、17日(土)の13時頃。

午前の予選タイムアタックが終わって、決勝第1ヒートが行われる少し前のタイミングでした。

パドックを出発して、決勝第1ヒートのスタート地点に向かう山﨑選手です。

 

予選タイムアタックで、オープンクラスの4位についた山﨑選手ですが、

実は今回、山﨑選手との対決に燃える選手が一人…!

 

それは、元スピードスケーター金メダリストの「清水宏保」選手。

今回の十勝スピードウェイが、86レース初参戦だったのです。

(出典:https://ameblo.jp/hiroyasu-shimizu/image-12508073455-14540687405.html)

 

「武司さんを超えてやる!」という強い思いで臨んだという清水選手。

その清水選手の予選結果はというと、なんと…!?

 

山﨑選手よりも早いタイムでアタックし、オープンクラス3位につけたのです。

 

この結果を見て、山﨑さんの闘志に火か付かないわけがありません。

「金メダリスト VS ホームラン王」の直接対決となったわけです。

 

さて、この日の十勝地方の気温は32℃。

愛知県に比べて湿度は少ないとはいえ、暑い日差しが降り注ぎます。

本来であれば、スタート直前のグリッドウォークで、

山﨑さんのそばに担当のレースクイーンが付いて日除けをしてくれるはずなのですが…。

どうもトラブルがあったようで、そのレースクイーンが少し遅れるとのこと。

 

「こりゃ、暑くてたまらん!かーちゃんやってくれ!」と山﨑さんの一声。

急きょ、私の妻がレースクイーンの代わりをやることに。

それは良かったのか…私は何とも言えませんが、うれしそうな妻とご機嫌な山﨑さん(笑)

 

そんなこんなで少し遅れて、本物のレースクイーンも到着。

いよいよ決勝レーススタートです!

 

 

さて、決勝レース第1ヒート。

スタートから4周目までは変わらず清水選手3位、山﨑選手4位というレース展開だったのですが、

5週目に、清水選手が痛恨のコースアウト!

第1ヒートを完走できずリタイアになってしまいました。

対して、山﨑選手は安定した走りでそのまま順位を1つ上げ、3位でフィニッシュ。

チーム関係者も興奮気味に山﨑選手をお出迎えです。

山﨑さんも満足の行くレース運びが出来たようです。

明日の決勝第2ヒートで、表彰台を狙います。

 

その日の夜は、山﨑さんとご一緒に、「焼肉 平和園」でお食事。

山﨑さんいわく、こういう食事では一回で「4㎏くらい」体重が増えるとのこと…。

明日のレースに響かないのかと心配になりましが、楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

 

 

さて迎えた翌日、決勝第2ヒート。

私は朝から、山﨑選手とチームメイトの菅波選手のレーシングカーにコーティングのメンテナンスです。

 

スタート地点へと向かう山﨑さん。

タイヤの空気圧など最終調整を施して、

表彰台、さらには優勝目指して気合十分の山﨑さん、いざ決勝レースのスタートです!

 

 

決勝レース第2ヒート。

今年から履き替えたダンロップ製タイヤとの相性が気になるところでしたが、

スタートをきれいに決めて、山﨑選手2位にポジションアップします!

(※ちなみに動画の最後の方に、脇からスタートしているのが、清水選手。第1ヒートで完走できなかったため、全車両がスタート後のスタートとなりました。)

 

その後も3番手との攻防を繰り返しながらも安定した走りを見せて、

2位をキープしつつファイナルラップに突入する山﨑選手。

私たち家族も含め、誰もが山﨑選手の2位を確信していました。

 

しかし!

ファイナルラップ最後の直線で、山﨑選手まさかのシフトミス!

 

レース後の山﨑さんいわく、

「後ろの志賀選手に抜かれないようになんとかして前に居続けよう居続けようという思いが、

シフトミスにつながった」とのこと。

 

ここで、今回のキーワード「チキン」が。

 

「あかん、俺はチキンだわ。」

「やっぱ、チキンだ」

 

レースの最後の最後で志賀選手からのプレッシャーが、武司さんの手元を狂わせました。

 

その結果、最後の直線で後ろの車に追い抜かれてしまい、3位フィニッシュ!

その差は、なんとたったの「0.111秒!」

ほんの少しのミスが、大きな命取りになることを改めて実感したレースでした。

 

3位表彰台ながら、0.1秒の差で悔しくも3位になった山﨑さん。

レース後、悔しさの表情がにじみ出ていました。

 

それでも表彰台では、笑顔いっぱいの山﨑さん。

本物のシャンパンではなく、

ノンアルコールのリンゴサイダーによるシャンパンファイトで、お祝いです。

予選から決勝まで、大健闘のレースでした。

 

レース後、清水選手とも写真撮影する山﨑さん。

今回の「金メダリスト VS ホームラン王」直接対決は、山﨑さんが勝利。

また再びその戦いが見れるのも楽しみです。

 

レース後、山﨑選手のもとに86プロクラスで優勝した「谷口信輝選手」が祝福に訪れました。

そこで山﨑さんは、谷口選手から色々なアドバイスももらっていました。

 

その中で私が「深い」と感じたのは、「レースは、知能戦だ」ということ。

 

谷口選手は「前に出ることや前に居続けることだけを考えるのではなくて、

後ろの選手が嫌がることをいかに考えて行うか、それも重要だ」と言っていました。

 

山﨑さんもその話に「なるほどなー。そうなんだよなー。」感慨深い様子。

 

 

野球というその道を究めたプロだからと言って、

レースという別の道でも簡単に上手く行くかというと、そうではない。

 

運動神経だけでなく、レースを読む知能、そして、いつでも冷静でいられる心理状態、

これらすべてがかけ合わさってでの結果です。

 

0.111秒で逃した、2位。

嬉しいけど、本当に悔しい結果。

だからレースは面白い。

 

そんな北海道でした!

 

さて、次回の第7戦は、栃木県のツインリンクもてぎ。

次回も山﨑さんの走りを応援していきます。山﨑さん、めざせ優勝!

 

————————-

ウエラ名古屋は、山﨑武司さんを応援しています!

http://procarcoat.com/yamasaki.html

————————-

元プロ野球選手・レーシングドライバー山﨑武司さんとの対談が実現!
その詳しい内容は、今すぐ下記URLからご覧ください。

http://procarcoat.com/special-talk.html

————————-

山﨑武司さんの愛車「フェラーリF355」に、Diamond9H 10層施工しました!

http://procarcoat.com/info/ferrari-f355/

————————-

山﨑武司さんの愛車「ランボルギーニ アヴェンタドール」に、Diamond9H 10層施工しました!

http://procarcoat.com/info/lamborghini-aventadorsroadster/

————————-

特別ムービー:「往年の名車 スカイライン ケンメリ 半世紀の時を経て再び輝き出す」

https://www.youtube.com/watch?v=nDdicA6Qzmg

一覧へ戻る