ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業46年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

ブログ

ガラスコーティングのアバルト595。新車塗装の不具合も見逃しません。

今回、ご紹介するお車はアバルト595。

「ABARTH」アバルトといえば、イタリアのチューンナップブランドですね。

主にフィアットやランチャといったメーカーの車をチューニングしてよりスポーティにするブランドで、現地では「ピッコロ・モンスター」「ジャイアントキリング」と呼ばれて、格上の車に立ち向かう、戦闘力の高いクルマを作ってきたブランドでもあります。

そんなアバルトが「情熱を楽しむクルマ」としてアバルト500をマイナーチェンジさせたのが今回の595。1900の部品変更があったみたいです。

走る楽しさを追求したクルマだけあって、「乗って楽しいクルマ」と評されており、マニアの間ではその楽しさにはまることを「サソリの毒に刺された」と言うそうです。

今回、ご入庫されたのは、アバルト595のなかでも、180馬力と最もスポーティなモデル「コンペティツィオーネ」。

オーナー様も「サソリ」にやられたお一人なのでしょうか。

それはさておき、

オーナー様は、三重県より納車後すぐにウエラ名古屋にお持ち込みくださいました。

新車ですから、ボディのコンディションも一番いいはずですが、

残念なことに、塗装の不具合が見つかってしまいました。

場所はリアバンパーの中央です。

画面中央に白くウロコ状の様子が分かりますでしょうか。

クリアに傷みがありました。

これは、磨くことで改善できそうでしたので、職人の白土が慎重に磨いて修復させました。

一安心と言いたいところでしたが、

今度は右ドアのドアノブ下とリアスポイラーに塗装ミスが見つかりました。

画面中央に塗装の「ブツ」があります。

ドアノブの下なので、「ぱっと見」分からない場所でしたが、職人の徹底したボディチェックで発見されました。

また、写真は無いのですが、リアスポイラーにも液だれのような不具合が。

この様に、新車であっても、ボディには様々なアクシデントが起きている場合があります。

今回の右ドア及びウイングの不具合は磨きでは改善できないトラブルの為、再塗装が必要でした。

この度、オーナー様がお選びになったコーティングはDiamond9HのAll5層。

なので、基本はDiamond9Hで仕上げ、再塗装が必要なパーツには簡易コーティングをしてお返ししました。

Diamond9Hは重ね塗りができる数少ないコーティング剤です。

丁寧に塗り重ねて、5層の強固な被膜を形成させていきます。

コーティング剤の塗布が終わると、赤外線ヒーターでの焼き付けを行います。

こうして完成したアバルト595がこちら!

赤いボディのお客様によく言われるのが「より赤が濃くなった」という感想ですが、

今回も、Diamond9Hの独特の艶、陶磁器の釉薬のようなテカリがでました。

 

ご購入いただいたディラー様にて、塗装の不具合を修正してもらい次第、再度ご来店の予定でございます。

新車時にコーティングのプロショップに預けたから分かった今回の塗装トラブル。

再来店の手間がありますが、ある意味良かったのかも知れませんね。

そのままでしたら、気づかずにいたか、気づいても鳥ふん被害か何かで泣き寝入りということもあったかもしれません。

私たち専門店では、新車でも隅々までボディチェックを行います。

今回のケースも時々発生します。

なので、新車ご購入の際には、ぜひディラーではなく、コーティング専門店にて施工されることを強くお勧めします。

 

アバルト595のオーナー様。

またのご来店をお待ちしております。

そして、ルパン三世のように、595でのワクワクするドライビングをお楽しみくださいませ。

 

————————-

新車コーティングにまつわるお話は、下記URLからご覧ください。

新車にコーティングって必要?そのベストなタイミングとは?

————————-

今すぐこちらからお問合せください!

0120-181-195

http://procarcoat.com/form01.html

————————-

ラクラク分割クレジットについては、下記URLからご覧ください。

http://procarcoat.com/installment.html

一覧へ戻る