ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com ガラスコーティング名古屋.com

ガラスコーティング名古屋.com〜愛知県,名古屋市のボディガラスコーティング専門店。創業46年の信頼と2,000台以上の実績。代車無料。
強固なガラス被膜のウエラコーティング。洗車が楽になる!ボディの磨きのことならお任せください!株式会社ウエラ名古屋-WELLA NAGOYA-がお届けします。

コラム

コーティング後の洗車ってどうすればいい?プロ直伝!5つのコツとは?

ガラスコーティングの魅力と言えば、

新車以上の輝き、

いつまでも美しい艶、

そして、驚くほど洗車が楽になる。

この3つに集約されるでしょう。

特に、毎日忙しい生活を送る現代人にとって、洗車に使う時間が短くなるのは大きなメリットと言えます。

では実際にどれほど洗車が楽になるのでしょうか?また、コーティング後の洗車ってどうすればいいのでしょうか?基本的に水洗いだけで良いと言われますが、シャンプー洗車はどんな時にすればいいのでしょうか?その他、洗車機は使っていいのか?などなど、洗車にまつわる素朴な疑問に、洗車のプロがお答えします。また、正しい洗車をするための5つのコツもお教えします!この記事を読めば、正しい洗車方法を理解して、あなたも洗車マスターになれますよ!

ガラスコーティングを施工したことで洗車時間が1時間も短くなった廣永さま

CX-8に乗られる廣永さま

お客様の特別インタビューにも登場していただいた廣永さま。

「未体験の方にコーティングの良さを伝えるとしたらどんなことですか?」という質問に
「やっぱり一番分かりやすいのは、洗車がすごく楽になることだと思います。しかも、ずっと新車のようなきれいな状態が続きますからね。あとは、洗車をしたときに汚れがサッと落ちて水を弾くのがすごく気持ちいいことかな。でもこれは洗車が好きな人じゃないと分からない感覚かもしれませんね。」と洗車が楽になることを一番のメリットにあげておられます。

 廣永さまの場合、週一回のペースで洗車されるそうですが、車のサイズが大きいことや、じっくり洗車を楽しまれることもあって、以前は2時間ほど洗車に時間を割いていたとのこと。

しかし、コーティング後は半分の1時間に短縮。水あかなどの汚れがが付いても、水洗いだけで簡単に落ちる、雨でも汚れが落ちるじゃないかという感覚だそうです。以前は時間を掛けていたワックスがけからも解放され、大喜びの廣永さま。これまでに4台のお車をコーティング施工されました。

 

加藤さまと愛車のMINI

 廣永さま以外にも洗車が楽になったや楽しくなったという声はよくお聞きします。

プロモーション動画に登場していただいた加藤さまの場合は「メンテナンスにかける時間が短くて済むので、時間を自由に使えるようになった」との声も。

 

  何かと忙しい現代人。それでも、身だしなみと同じく車はいつも綺麗にしておきたいものです。そんな時に、サッと洗車。ゆったりと時間を過ごしたい時にはにはメンテナンスでストレス解消も。コーティングのメリットは様々ですね。

 

吸水性の良いマイクロファイバーを使うことで、ボディにも優しく、スピーディーに。

昔の洗車と言えば家にある使い古しのタオルを使ってという方も多かったのではないでしょうか。今でもガソリンスタンドなどでは、サービスで窓拭き用のタオルが準備されています。しかし、正しい洗車に普通のタオルは厳禁です。なぜなら、タオル生地の繊維は少し使うとゴワゴワになってしまい、硬くなった繊維がボディを傷つけてしまうからです。

そこでおすすめなのが、マイクロファイバークロスこのクロスを使うことが正しい洗車のコツその1です。マイクロファイバークロスとは、その繊維が髪の毛の100分の1の特殊極細クロスのことです。その極細繊維で編まれた布には細かい穴が無数に空いているのも大きな特徴の一つです。その構造ゆえに生まれる利点が3つあります。

一つは繊維が細いため、非常に柔らかいタッチで傷を付けずに洗車ができるということです。

二つ目に無数に空いている穴があるおかげで、吸水性にも優れており、洗車後のふき取りがスピーディになります。

最後に、マイクロファイバークロスは角が立った特殊構造繊維なので、汚れをかき取る能力が高いのも大きな魅力です。

正しい洗車をするために、他にそろえた方が良い道具としては、洗車用バケツ、カーシャンプー、洗車スポンジなどがあれば十分でしょう。なお、水洗い洗車だけの場合は、マイクロファイバークロス、シャンプー洗車をする場合には、洗車スポンジという具合に使い分けることもできます。

ただし、マイクロファイバークロスもシャンプー洗車で使用できますし、細かい部分に手を入れやすいので、マイクロファイバークロスでのシャンプー洗車の方が使い勝手は良いかもしれません。細かい使い分けはユーザーや用途に合わせてケースバイケースでよいでしょう。

高圧洗浄機やエアーブロー、掃除機などあれば便利な道具もありますが、まずは洗車の基本セットを揃えましょう。

 

水洗い洗車orシャンプー洗車。どちらがいいの?

基本的にコーティングしてある車の場合は水洗い洗車だけで汚れが落ちますが、長く洗車していなかった時や、高速道路を走った後、また氷雪剤や油汚れなど付いている時などはシャンプーを使った洗車をしてください。

カーシャンプーは大きく分けて、酸性、中性、アルカリ性、とありますが、汚れを落とす能力で言うと中性よりアルカリ性、アルカリ性より酸性の順に強くなります。。しかし、酸性洗剤は強い洗浄成分のため、汚れも落ちますが、使用方法を間違えるとボディに思わぬダメージ与えるリスクも高くなります。そこで、おすすめなのが弱酸性のメンテナンスシャンプーです。

弱酸性カーシャンプー

弊社で販売してる、弱酸性カーシャンプーは

■エデト酸効果で洗浄力を極限まで引き出しミクロの汚れを除去
■ 軽度のイオンデポジットに効果がある弱酸性にpHを調整
■ ガラスコーティングのメンテナンスに最適な濃縮型シャンプー
■ 酸性で黄砂のアルカリを中和し効率的な除去が可能

といった特徴があります。

シャンプーの使い方や購入方法はこちらから

http://procarcoat.com/kit.html

市販のカーシャンプーを使用する場合は、ワックス入りの物や撥水剤、撥水強化剤また研磨剤など含まれていないものを選んでください。コーティング被膜に悪影響を及ぼす恐れがあります。使用方法をよく読んでお使いください。

また、台所用や食器洗い用の中性洗剤も使用しないでください。カーシャンプーに比べて、水切れが悪く、洗剤分がボディに残ってしまう危険があります。ご注意ください。

ボディに水をかけたくなる衝動を抑えて、正しい洗車のコツその2はタイヤから。

道具もそろったところで、早速洗車に取り掛かりましょう。「ザバーァ」っと勢いよくボディに水をかけたいところですが、その衝動をまずは抑えて、タイヤの洗車から始めてください。

理由は、先にボディの洗車から初めてしまうと、タイヤを洗っている間に、ボディに残った水分が乾燥してしまい、水染みが残ってしまうからです。この水染み、水分に含まれる成分がボディに固着するイオンデポジットとも呼ばれます。雨が降った後の雨染みも同じ現象ですが、せっかく綺麗にしたい洗車の時に付いてしまっては残念です。そこで、一番汚れの多いタイヤやタイヤハウスから洗うのが洗車のコツその2です。

タイヤの洗車が終わったらいよいよボディの洗車に移ります。そこで、洗車のコツその3。ボディ表面の埃や泥汚れを高圧の水で洗い流すこと。そうすることで、洗車の際にボディに傷が入るのを極力抑える事が出来ます。イメージ写真では、高圧洗浄機を使用していますが、ない場合はシャワーノズルをジェットにします。シャワーノズルがない場合は、ホースの先をつぶして水圧を高めます。

ニュートンが発見した万有引力の法則にそって、高い所から低い所に汚れを落としていく。これがコツその4です。これは、クロスやスポンジを使った拭き掃除をする時も同じです。順番は天井から窓ガラス、ボンネット、トランクそして側面の流れで行います。

最後に5つ目のコツがボディ全体を一気に洗うのではなく、パーツごとに洗い、洗い終わったらすぐに水で洗い流すということです。これは、汚れ成分が乾燥で固着してしまうのを防ぐためです。特にシャンプー洗車をしている時には、洗剤成分が強力な場合あるので要注意です。

洗い方ですが、ブラシを使ってゴシゴシと洗うのは厳禁です。マイクロファイバークロスを使って優しくふわっと洗うのが正しい洗車のセオリーです

天気の良い日中よりも、朝夕の涼しい時間帯が良い理由

天気が良いと、絶好の洗車日和だなんて、ワクワクしてきますよね。しかし、晴天に恵まれた日の洗車こそ要注意です。特に、夏場のカンカン照りの日に洗車するのは止めた方がいいでしょう。

理由は洗車中にボディに乗った水分が自然乾燥してしまうからです。先ほども述べたように、綺麗に見える水道水でさえも、カルシムやミネラルといった成分が含まれています。水に含まれるこれらの成分は蒸発せずに、ボディに残ります。強烈な日差しを浴びるとこれらの成分がボディ表面に定着してしまいます。

また、そのまま固着してしまうと、固着物がダムの壁と同じ役割をして、そこに、水分が溜まりやすくなります。そうなると、水分の蒸発と成分の堆積を繰り返し、より強固な固着物へとなってしまいます。

水滴が乾燥して発生する、水シミ。イオンデポジットとも呼ばれる

銭湯の鏡やガラスを思い浮かべてみてください。ガラスにびっしりと白くシミが付いているのをご覧になったことはないでしょうか。あのシミこそがインデポジットです。強固に付着した水シミはタオルやスポンジでこすっても除去できません。

淡色車だと目立ちませんが、濃色車ですと、特にシミが目立ってしまい、ビジュアルにもよくありません。せっかく綺麗にするための洗車なのに、逆に水シミが付いてしまっては本末転倒です。

季節にもよりますが、洗車に最適な時間帯は朝夕の涼しい時を選ぶようにしてください。そうすることで、熱中症など体への負担も少なくて済みますし、気持ちよく洗車も楽しめることでしょう。

特殊な汚れが付いた時には、専用クリーナーを

イオンデポジットリムーバー

気を付けないとついてしまうイオンデポジットですが、もしも付着してしまった場合には、専用のシミ取り剤を使うことで除去できます。ただし、長時間経過した結果、硬化し塗装面を侵食している場合は、ポリッシャーでの研磨処理が必要になります。そのような時には自分で無理に取ろうとはせずに、専門業者のプロにご相談ください。

また、高速道路を走行すると必ずと言っていいほど虫の死骸がバンパーやボンネットに付着します。虫の死骸はタンパク質が酸化して固着したものなので、水洗いだけでの除去が難しいです。そんな時に威力を発揮するのが虫取りクリーナーです。タンパク質を分解する成分が入っているので、鳥ふんや花粉にも効果を発揮します。

愛車を大切にしているのなら、手洗い洗車がベスト

洗車機を使ってもいいかと質問されることも多いのですが、もちろん洗車機を使ってもコーティングが落ちることはありません。しかし、洗車機の場合、予測不可能な傷が入るリスクがあります。最近の洗車機は高性能になっていますが、それでも、傷が付きにくいというレベルです。

ただし、洗車ができないほど忙しい時には洗車機も選択肢の一つでしょう。花粉や黄砂、鳥ふんさらにはpm2.5など大気中にはボディにも有害な物質が一年中浮遊しています。コーティングしてあるとはいえ、洗車せずに有害物質にさらされていると、コーティングにも悪影響です。ですから、定期的な洗車は必要です。洗車できないぐらいなら洗車機を使ってでも洗車しましょう。

でも、本当に愛車を大切にしているなら、愛情を込めた手洗い洗車がベストですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。正しい洗車の5つのコツがお分かりいただけたでしょうか。

コーティングしてあると、洗車にかける時間も短くてすみますし、簡単にピッカピカの車の車に戻るので、洗車が楽しくなります。

洗車自体もポイントやコツをつかめば難しくも何ともありません。季節によっては通常より頻繁に洗車が必要なこともありますし、夏場や冬場は気候が影響しておっくうになることもあるかもしれませんが、涼しい時間帯を選ぶことや、お湯をバケツにはるなどの創意工夫を凝らすことで、乗り切りましょう。

愛車にじっくりと向かい合う時間はストレス解消にももってこいですね。ピカピカの愛車で気持ちの良いカーライフをお過ごしくださいね。

一覧へ戻る